飛散防止フィルム、絶対に割れないガラスはありません!暑さ対策

災害で被害にあわれた方々がみんな対策を始めました
もっと早く、このような方法を知っていればよかったと…

温暖化の影響で気候も上がり、災害のくるタイミングもずれてきています
昨年も千葉、関西、などで台風、  ゲリラ豪雨竜巻、地震など
甚大な被害が各地で起きています。
屋根は飛ばされ、ガラスは割れ、土砂崩れ、ひどい所では川が氾濫し
床上浸水までおこっています!
災害はいつどこで起こるのか?

予想もできません!
甚大な被害が日本各地を襲いました
もう、他人事では済まされません
後になって「対策をしていたら」
と思う方も多くいらっしゃります

事前に対策することで回避できる被害もあるのです!

車に乗るのであれば、みなさんも
自動車保険に入ると思います
生命保険も、病気の時、もしもの時、家族のために入ると思います
火災保険、地震保険などもそうです、

何か起きた時のために入ります

窓ガラスフィルムは
災害や事故で割れたガラスによる二次災害を防ぎます

地震や台風などの災害で強い衝撃や
強風で割れたガラスは、
鋭い破片となって辺り一面に飛び散ります。
破片が直接当たる被害だけでなく、
避難する際に飛散したガラスによってケガをする
二次被害に遭う可能性もあります。

窓ガラスフィルムをガラスに張り付けることによって
ガラスが割れた時に飛び散るのを防ぎます!

割れた窓ガラス画像、

地震対策・災害対策として、
窓ガラスに飛散防止フィルム
を張ることにより、
ガラス破片からの二次災害を防ぎます!

ガラスフィルムが貼られていると、ガラスの破片はフィルムにくっついたままで、ガラスの破片の落下や飛び散りを防ぎ、人体におよぼすケガからも安全に守ります

お問い合わせ

       

👇実験画像です ぜひご覧ください!

お子様が転んでも
ガラスが飛び散らず、
フィルムにくっついているので
大怪我にならずに済みます
すぐに割れないので防犯対策にもなります

災害でガラスが割れてしまい、いざガラス修理を依頼しようとしてもどこもかしこも
割れてしまっているので、修理に来てもらえるのも時間がかかります!
窓が割れたまま、何日も過ごすことになります
例えばフィルムで対策をしていれば、フィルムにくっついている

割れたガラスをいっしょに窓枠にガムテープでくっつけておいて修理を待つこともできます

そうです!対策をしておけば、
台風が来てもバタバタ!ハラハラ!することなく

安心して過ごしていただけます

飛散防止フィルムで災害対策!二次災害も防ぐ!、愛知県、名古屋市、岐阜県、三重県、

公立の保育園や幼稚園は
窓ガラスフィルムなどで
飛散防止対策しています

あなたも飛散防止対策を!

友だち追加

  


窓ガラスフィルムのご相談は
フリーダムワークスにお任せください!