上手に助成金を活用して資金と信用を得る

それではギュゥ~っと簡単にまとめてお伝えいたします

助成金とは

・助成金とは厚生労働省が給付しているもので資金源は雇用保険です

書類を申請して要件を満たせば、確実に受給ができます。
経済産業省の補助金(ものづくり補助金、IT補助金)のように、「事業計画書」などは必要としません。しかも審査もありません。補助金の通過率は20~30%になっています。通過できずにがっかりすることもありません。

・受給したお金は返済不要です

使途は自由です。
IT 化(HP等)、設備投資(車なども)、人材確保、広告宣伝、慰安旅行等に活用できます。
給付されたお金には税金がかかります。

・何千とある補助金の中から受給しやすいものを選出し最大限の受給額を提示いたします

下記に記したもの(助成金)が何百、何千とあります。
その中から簡単に受給できるものを選出しご提案いたします。

  • 正社員の新規雇用-最大で72万円(1人当たり)の受給
  • パートタイムの新規雇用-最大で36万円(1人当たり)の受給
  • パートタイマーへの健康診断-最大で48万円の受給
  • 共通賃金の導入-最大で72万円の受給
  • 新しい手当の導入-最大で48万円の受給
  • 「インターバル制度の導入-最大で100万円の受給
  • 評価制度の導入と賃金アップ-130で万円の受給
  • 離職率をさげる取り組みを行う-最大で72万円の受給
  • 経験が未熟なスタッフを育成する-最大で75万円の受給などなど
・現在まで8500社以上の事業者様のお手伝いをさせていただいて
 120億円以上受給している実績があります

弊社は(株)ライトアップというマザーズ上場会社(6580)と提携し、多くの事業者様に
多くの助成金を受給して頂いております。
助成金の専門部署「Jマッチ」が助成金の選出、書類申請、実行、受給までサポートさせて頂きます。
私は、以前コンビニ経営をしておりましたが体調を崩し、24時間営業ができなくなり、
やめることになりました。事業主は業務、人事、時間など何かと縛られることで自由がきかないことが多いです。頑張っても成果のあがらないことも多々ございます。
本業以外での資金の調達、労務環境の改善などやりたくても、なかなか出来ない状況です。
事業をより良くする環境づくりのサポートをさせて下さい。

・平均受給額は250万円になります

小売販売店 社員数 2名
社員2名だけなので就業規則も作っていませんでしたが、助成金の申請をきっかけにしっかりと整備できました。研修制度も取り入れ、求人の問い合わせも増えました。

工務店 社員数 5名
採用に困っていたので、新しい採用サービスを取り入れるかどうか悩んでました。各種の助成金が活用できると知り、採用にかかるコストの心配なく3名の採用に成功しました。

・商工中金と提携しの補助金、助成金の無料診断も請け負っております

商工中金のHPより【補助金・助成金情報】で検索いただきますと、
補助金・助成金情報の人材投資関連の右側にあります【~簡易判定はこちら~】
という文章をクリックするとライトアップが提携してる無料診断ページがでてきます。
商工中金とは中小企業による中小企業のための金融機関です。
政府と組合の共同出資により設立されました。

・申請書類、助成金の選出にかかる手間や時間を代行いたします
  • 御社に適した助成金の選出(概要の提案)
  • 社労士との価格交渉(社労士の手配)
  • 各役所で手続き書類集め
  • 社内書類集め
  • 書類作成(社労士に依頼)
  • 計画実行
  • 証憑書類手配
  • 作成提出
  • 受給

ざっと、こういった流れになります…とても、やれません…
受給率が2割程度というのも頷けます。
ここは専門家【プロ】に任せましょう!
あなたが行う作業は、
社内書類集め(賃金台帳、雇用契約書など)
計画実行
郵送される「申請パック」に押印し返送
3つだけです
受給できるまで「Jマッチ」がサポート致しますのでご安心ください。

・現在、ごひいきにされている仕業様様にご迷惑をおかけするわけではございません。助成金の受給のみでのご提案になります

補助金・助成金の専門家が御社の受給可能なものを選出し最大限活用するためのご提案であり、現在、ごひいきにされている仕業様にご迷惑をかけるものではございません。
社労士様も忙しく、御社に受給できる助成金をすべて調べ、申請するにはあまりにも大変な作業となってしまいます。こういった提案があるけどとご相談いただいて構いません。

助成金、申請、受給

補助金・助成金の専門家がいくつもの助成金を活用して御社に手数料を引いた、
お手元に残る金額(実際に受け取る金額)を提示いたします。
※手数料は一般の1/2~1/3です

・お申し込みをいただくまで一切費用はかかりません

実際に受け取れる金額を提示いたします。
ご納得されて依頼いただくまで費用は一切かかりません

・補助金が受け取れない場合がある

虚偽申請  雇用形態の偽造、受講証明書の偽造、各種書類の偽造
労務違反  残業代未払い、会社都合解雇、最低賃金割れ
計画に実行 研修の受け忘れ、手当て支給漏れ
仕業のミス 書類の書き間違い、書類提出漏れ、音信不通
など上記の違法行為を行った場合受給はできません。 

助成金、申請、受給
・補助金のデメリット

早急に資金調達を行いたい場合には、助成金は向いていません。
受給までに時間がかかりますので、融資をおすすめいたします。

助成金を申請するメリット
助成金が利用できる事業者様は、厚生労働省の認める労働環境の良い会社として、信用力が増すという最大のメリットがあります

労務環境を整える

労務環境を少し見直すことで助成金は受け取ることができます
従業員さんの評価、育休、教育などを取り入れることで労務環境が向上します
そんな当たり前のことを申請するだけで信用と資金を受け取ることができるのです
すでに労務環境が整っていれば申請するだけになります
共に働いている従業員のみなさんにより良い職場環境を提供するチャンスでもあります
離職の問題、人材確保に大きく改善をもたらしてくれます
事業者様、従業員の皆様が安心して働ける職場を作ろことができます

実際いくらもらえるのか無料で診断いたします

受給できる金額が提示されるまで費用は一切かかりません。
GDPも-27%の成長率といわれています。
今は何とかなっていても多かれ少なかれ影響は必ず出てきます。
飲食店は売り上げが91%を切ったら一カ月持ちこたえるのが大変だという情報も流れていました。
今、できることを行い、これから起こる状況にも対応できるよう上手に助成金を活用し、
今後の備えにして乗り越えていきましょう。

実際に活用できるかどうか簡単な条件がございます

□ 正社員(バイト等)を1名以上雇用している(親族は除く、これから正社員雇用予定でもOK)
□ 雇用保険、社会保険を払っている(社員数5名未満は雇用保険のみでもOk)
□ 会社都合解雇を半年以内にしていない
□ 残業未払いなど、労務違反をしていない(これから是正できればOK)

上記四つの条件を満たせば原則受給可能です

実際にいくら受給できるのか?
無料で診断いたします

上手に助成金を活用して資金と信用を得る、まずは無料診断してみる、詳しい流れはWEB相談にてご説明いたします

新たに行動を起こすということは面倒です
面倒という理由で「現状のままでいいや」と行動を起こさなくなる
今後のために必ず資金の確保が必要だとお考えの方は是非、無料診断で
今後、どれくらいの資金が確保できるのかを知っていただき
その上でその資金を使って何ができるか、何をするか
未来の姿を思い描いてください