窓ガラスフィルムの標準施工手順 4

遮熱対策、紫外線対策、窓ガラスフィルム

フィルムの貼り付けと一時圧

ガラスフィルム圧着、フィルムとガラスとの水分を出していきます

ガラスに石けん水を噴霧して、ゴムワイパーで上から下へ洗い流します。
枠もペーパータオルなどで清掃します。

再度、ガラスに石けん水を噴霧します。

フィルムから剥離フィルムを剝がしながら、
フィルムの粘着面に石けん水を噴霧します。

エッジ(角)とのスペース(フィルムの四辺とコーキングの隙間)を確認しながら、スキージーで仮圧着をしフィルム全体を固定します。

※仮圧着の時、フィルムの破損を防ぐため、エッジ付近は圧着はしないでください。

※フィルムを剝がした際の粘着面はゴミ、指紋などがつきやすいので
 石けん水を十分に噴霧し、取り扱いには十分注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA