ガラスフィルムの選定 2

遮熱対策、遮熱対策、窓ガラスフィルム

採光を維持しつつ暑さ対策をしたい場合

遮熱フィルム、

可視光線透過率は、60%~70%台のものが適度です。
次にその中から遮蔽係数の低いものを明るさや遮熱の度合いの要望をもとに選定します。
採光を維持したまま遮熱効率を向上させることは相反することになるので
明るさを取るか、遮熱を取るかの選択が必要になります。

夜になると、ミラーが反転します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA