窓ガラスフィルムの施工手順 6

窓フィルムの本圧着

フィルムとサッシとの間が2~3mm空いていることを確認

フィルムに石けん水を噴霧します

スキーシーでしっかりと圧着し、必ず水平に水を抜きます
放射線状や往復しての水抜きは行わないように
水抜き不良の原因になります

水抜きは、常にフィルム端部まで最短距離となる方向で行ってください

スキージーが1/2~1/3程度重なるように圧着をしていきます
縦長のガラスの場合、下図を参考に行ってください

窓フィルムの圧着手順
上部で左右に、真ん中を上から下に、上部部分は上に
その後、左右に下に抜いていき、最後下部分は下に
抜いていきます

上部で左右に、真ん中を上から下に、上部部分は上に
その後、左右に下に抜いていき、最後下部分は下に
抜いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA